三萃園三味線の基礎演奏基礎付属品選びオススメ商品会員限定情報

 

 
 三味線_三萃園_Facebook 三萃園の三味線YouTube 
 ご挨拶 当店の三味線 当店の独自性

2017.11.01(水)
 
 三味線の美意識
 余韻についての動画を作成しました。
先日の「三味線再入門」のワークショップにご参加の方は体感をもって理解いただけるかもしれません。
ご参考になれば幸いです。
 

2017.10.15(日)
 
 三味線教則本(改訂版)が完成しまいた。
 かなりマニアな内容ですが、当店にご縁を感じていただいた方は是非ご購入ください。

2017.10.02(月)
 
 調弦による三味線の音色の違い
 今週納入の細棹紅木(金細)三味線の試奏音声です。
 端唄の梅は咲いたかで調弦による音色の違いを収録しましたので参考にしてください(調弦:4本→8本) 。

 

2017.09.06(水)
 
 三味線再入門のワークショップ あと一名です「こちら」。

2017.09.01(金)
 
 皮が緩むとどんな音色になるのかについての動画をアップしましたので
 参考にしてください。


2017.07.28(金)
 
 店舗の360ビューを取得しました。画像を回転させることができます。
 当店がご紹介しやすく鳴りました。ご興味がある方はお試しください。

【応接室の360°ビュー】画像を回転させることができます


【試奏室の360°ビュー】画像を回転させることができます


2017.06.03(土) 
「江戸時代 天保2年(1831年)の三味線の修復」
 昨年は141年前(明治初期)の三味線の修復をしましたが、
 今年は186年前の三味線を不思議なご縁からご寄付いただきまして、修復することになりました。

 写真は修復前の三味線です。

 三萃園が大切にしているのは明治維新前に西洋化する前の日本の音色です。

 この三味線を修復することで更に研究が進むと思います。
 修復が完了したら、音色とともに再びご紹介いたします。

 三味線 江戸時代 



2017.05.27(土) 
「津軽三味線 駒の評価 7種類比較」
 動画にまとめましたのでご覧ください。

 音色の本当の違いは身心で感じることが原則です。
 音声動画ですが、参考にはなると思います。



2017.05.01(月) 
「三味線の修復事例 火事からの修復」
 動画にまとめましたのでご覧ください。

 


2017.03.17(金) 
「よくある質問:合成皮と犬皮の音色の違い」
 動画にまとめましたので音声で確認ください。
 
 演奏者や聞き手に作用する大切な効果も失われてしまいます。
 (この点の詳細の説明は省きます)

 音色だけの問題ではありません。
 このような音色ですので、大切な「ツボ」の感覚が養われません。

 このため当店では合成皮の三味線の販売はしていません。
 
 

2017.02.07(火) 

「よくある質問:音を小さくする方法」
 動画にまとめましたのでご覧ください。
 
 

2017.01.04(水) 

「三味線のシンプルさ」

  三味線 分解してみました

 三味線の演奏に必要な最低限の部品は28部品でした。
 アコーディオン1456部品、キーボード178部品だそうです。
 他の楽器とは一桁も二桁も違いますね。

 いかにシンプルに三味線が構成されているか分かります。
 それでいて、この複雑な音を表現できている。
 数百年基本設計は変化していない。

2016.12.9(金)

 平均滞在時間3時間

 三萃園の初回ご来店の平均滞在時間はだいたい3時間です。

 今年の最高は遠方からお越しの方の5時間でした。
 5時間三味線を弾きっぱなしです(すごい体力です)。

 大量の三味線や付属品を試奏いただきますので、
 始めると止まらなくなります。

 お帰りの頃には、疲れてヘトヘトになります(笑)。
 一方、直感的に自分に合った三味線をすぐ出会う方もいます。
 人ぞれぞれです。

 本年も
 様々なの三味線との出会いに立ち会わさせていただきました。

 三味線 撥 三味線試奏

2016.11.30(水)

 今月販売した三味線 紅木太棹 ワイハ節

三味線 津軽三味線

2016.11.20(木)
 柳川三味線の撥

 左が柳川三味線の撥、右が長唄三味線の撥です。

 長唄三味線の撥は三味線の中でも小さいですが、
 さらに小さい撥になります。

 細すぎて折れないように注意が必要です。
 浮世絵にもよく出てくるので、あらためて注意してご覧ください。

柳川三味線 撥 柳川三味線の撥

2016.11.10(木)

 父の三味線の修復

 私がもの心つく前から三味線の音色を教えてくれた2丁です。

 細棹の花梨三味線と太棹の紅木三味線です。

 私に三味線を聴く耳と身体を授けてくれました。

 先日、父から修復の依頼を受け、
 感慨深く修復させてもらいました。

  

2016.10.31(月)

 三味線の試奏に関して

 当店は多数の三味線を試奏いただいています。

 自分だけの三味線に出会うプロセスに立ち会える事は本当に興味深いです。

 三味線は一丁一丁に個性があります。
 これは当店にお越し頂くとすぐに実感できます。

 (ビックリするかもしれませんが、慣習が原因で
 三味線は試奏も試聴もせずに購入されています)

 当店の特徴の一つは常時100丁の試奏できる三味線があることです。

 写真は昨日お越し頂いたお二組の方にご用意した津軽三味線の紅木太棹です。

 じっくりと楽しみながら様々な三味線を検討いただきました。

 当店は最低5〜10丁は試奏いただいて、
 納得いただいてから購入いただいています。
 これは準備にも手間がかかります。

 このため、一日2〜3組限定の予約制とさせていただいています。

 三味線の試奏
 


2016.10.24(月)
 三味線体験会

 16/10/22 三味線体験会 in 安城市 おかずや+CAFEさん
 
 おかずや+CAFEさんで三味線体験会(ミニコンサート含む)を実施しました。
 ご参加の皆様ありがとうございます。

 簡単なレクチャーから30分ほどで簡単な曲が弾けるようになりました。
 今後も県内外含めて、ミニコンサート+体験会を開催しますので、
 ご興味が有る方は参加ください。

 また、
 当店は三味線を興味が有る方をサポートするために、
 条件はありますが無料貸し出しもしています。
 ご興味が有りましたらお気軽にご連絡ください。
 三味線体験会

2016.10.13(木)
 三味線の古文書

 表紙は木、中身は和紙。お経のようでもあります。
 手書きで書かれています。
 邦楽の源流の1つは仏教音楽なので、似ていても驚く事はないのかもしれません。

 三味線が本来なぜ「口伝」なのか。
 それが肚に落ち始めるのは、それを学んで10年を過ぎる頃と言われます。
 
 三味線古文書 三味線古い文章

 
 
2016.10.03(月)
 今月の三味線 太棹紅木(津軽三味線)



2016.09.14(水)
 三味線体験会のご案内

 9月28日(水)15:00〜16:00 安城市 ぼちぼちカフェ
 1400円 1ドリンク付きです。

 三味線を弾いて見る体験とミニコンサートを開催します。

 お気軽にお申し込みください。
 info_s@shamisen.ne.jpまでご連絡ください。

 過去の三味線体験会
 過去の三味線体験会


2016.09.14(水)
 桐板の絵
 100年ほど前の桐板(三味線を保護する板)に描かれた絵を紹介します。
 作者不明です。古の粋を感じます。
 
 三味線 桐板
 


2016.09.01(木)
 今月の三味線 細棹金細
 プロの出荷前チェックとして演奏披露 よさこい節を紹介します。
 


2016.08.16(火)
 今月の三味線 中棹紫檀
 プロの出荷前チェックとして演奏披露 郡上節かわさきを紹介します。

 


2016.08.02(火)
 141歳(明治8年製造)の三味線の修復 演奏披露 竹田の子守唄

 私の好きな子守唄を141歳の三味線で披露いただきました。
 
 


2016.07.18(月)

 141歳の三味線の修復 完了

 基本的な修復は完了しました。
 
一番苦労した点は、小さな部品が現代部品では代用できない点です。例えば、糸巻きを取り付ける金具である福林は、現代部品では代用できない(したくない)ので、これも他の100年以上前の三味線から部品取りをすることにしました。

ともあれ、
当店の最年長の一丁が完成しました。
数日後に動画を披露させていただきたいと考えています。

また、
いずれ100年以上の古三味線を利用したコンサートを企画したいと考えています。
写真は修復後です。
 
修復後 三味線

2016.07.01(金)

 今月ご提供した三味線ご紹介
 紅木 太棹 新品同様 三味線 
 紅木三味線



2016.06.24(金)

 音色の比較2
 「撥の大きさと音色の違い」
  象牙の撥の大きさの違いによる音色の違いを評価しました。
  右が動画です。左の画像が回答です。

  大きさの違いでは3→1→2→4です(4が一番大きい)。
  違いが分かりましたでしょうか。

撥

2016.06.17(金)

今月ご提供した三味線のご紹介
 「紅木 中棹」 人気の新品同様品(ワケ含む)

 上品さと力強さを兼ね備えた一丁でした。
 試奏チェックの一部として、ご購入された方が好きな一曲として「尾鷲節」を演奏しました。
 良い一丁をご提供でき本当に嬉しく思います。

  三味線 紅木 中棹


2016.06.10(金)

 音色の比較 その1
 「どちらの音色が象牙か分かりますか?」
  答えは「三萃園Facebook pageへ


 

2016.06.03(金)

 「141歳の三味線 修復の挑戦」

 明治8年製造 2種類の木材を組み合わせた細棹三味線。

 製造年が分かる三味線の中で当店で一番古い三味線です。
 棹の表に紫檀(写真黒部)が、その他は花梨(黄色部)のような材質の木材が使われています。

 明治8年は141年前です。
 トーマスマンやユングや柳田國男が生まれた年です。
 細かな部品は既にないものばかりなので、修復にはじっくり時間をかける予定です。
 
 いずれ音色もご紹介させていただきます。

 2枚三味線

  





2016.05.24(火)

 「蜷川幸雄さん 他界」

  皆様より蜷川さん演出の演劇の曲を紹介して欲しいとご要望を頂きましたので、先生に再現していただきました。瞽女唄の「葛の葉 子別れ」です。写真は蜷川さん演出の演劇に採用いただいた三萃園の三味線です。
  
   古い三味線   
   演劇に採用いただいた 当店の古三味線       「葛の葉 子別れ」のご紹介
 




2016.05.13(金)

 「奏者のためのヒント集(6)忘れがちなこと」

  「ユーモア」をわすれていませんか?  特に真剣になればなるほど・・・

 




2016.05.05(木)

 「刈谷店 お披露会」

 5/5(祝)に20名程の方に店舗お披露目会にお越し頂きました。
 お越し頂いた皆様 本当にありがとうございました。
 また、沢山のお花をいただきました。
 お越し頂いた御礼として、
 三味線演奏室で白紅木による演奏や大正時代の都都逸三味線の演奏をご披露させていただきました。
 まだまだ未熟な私達を支えていただける皆様とともに、三萃園を発展、継続させていきたいと考えております。
 本当にありがとうございます。
 写真は快晴の店舗前の庭園、刈谷店、お披露会の様子、演奏室の様子、お祝いのお花です。
 三味線三萃園の庭 三味線 三萃園店舗
 
 三萃園の様子  
 大正時代の三味線





2016.05.04(水)


 「古三味線の再生」

 以前にもご紹介しましたが

 昭和8年作製された細棹金細 紅木三味線です。

 老舗料亭より寄付いただいた三味線を修繕し再生しました。

 演奏動画を更新しましたのでご覧ください「レポート

昭和初期
    昭和初期の細棹三味線            即興演奏

2016.04.30(土)


「今月のご提供した三味線のご紹介
 三萃園製 三味線 No.034 中棹 金細紅木三味線」

 三味線 金細 紅木 中棹
 
 三萃園が製作・試作した三味線を出荷前に奏者に試奏いただき、最終検査をしました。

【奏者コメント】
 余韻が強く体に残る。糸の共鳴が発生しやすい。
 気位の高さが印象的。貴婦人を連想するイメージ。
 貴婦人が奏者の能力を引き出してくれる。

【作成者&聞き手 コメント】
 音が心臓まで届きます。育ちの良さを実感できます。スタイルの良い美人な音色。

 
 購入いただいた奏者の方には数種類の三味線を試奏いただきましたが、
 一瞬でこの三味線と相性があることを見出しました。
 このプロセスは本当に不思議です。
 人はなぜ、一瞬で自分に合った三味線を見出せるのでしょうか。

        単音                    即興
 

2016.04.28(木)


「三萃園製 三味線 No.019 細棹 白紅木三味線 即興 shamisen」

 三萃園が製作・試作した三味線を奏者に試奏いただきました。

【奏者コメント】
 若い娘のイメージ。 誰が弾いても相性が良さそう。
 この三味線は弾いてもらって嬉しくてしようがないようです。

【作成者&聞き手 コメント】
 最近は極希少な材になりました。聴いている方が嬉しくなりました。

         即興


2016.04.28(木)


「奏者のためのヒント集 (5)聴くこと、観ること」

  音楽家にとって、大切なことはなんでしょうか。

  知識や技術は当然でしょうが、度胸、感受性等も大切かもしれません。

  しかし最も必要なことは「聴くこと」「観ること」ではないでしょうか。

  弾けるかどうかは、まず「聴けるか」にかかっているでしょう。

  この能力の難点は、できているかどうかが分かりにくいことです。

  少なくとも  演奏中に目を閉じてみてください。いつもよりよりよく聴こえます。




2016.04.18(月)

「店舗 プレオープン」
 本日、5名の方に店舗のプレオープンとしてお越し頂きました。
 短い時間でしたが、楽しいひとときを共有できました。
 お越しいただきありがとうございました。

 本当に三味線のこと本格的に話しだしたら基礎の共有だけで半日は必要ですね。
 正式な店舗のオープンは5月5日の予定です。
  
 三萃園店舗
 
 



2016.04.15(金)
 

「奏者のためのヒント集 (4)自分を知るには」

 「深い部分の自分」に気づくには他者が必要です。

 他者と場を共有できるということは本当にかけがえのないことだと思います。




2016.04.08(金)
 

「奏者のためのヒント集 (3)目に見えないもの」

 「心で見ないと物事はよく見えない。肝心なことは目に見えない。」                                     (サン=デグジュペリ)

 音を聴くことができ、振動を身体で感じ、人や環境とコミュニケーションをする人間にとって
 音楽は欠かせない大切なことです。  

 音楽を心の問題として根底から捉え直し、
 この奥深さに目覚めると、どんな世界が見えるのでしょうか。

 成熟とは見えないものが実感でき、それを通じて適切に社会とつながることだと思います。





2016.04.01(金)
 

「奏者のためのヒント集 (2)日本音楽」

 三味線はポップミュージックや西洋音楽ではありません。
 義務教育で習うようなメロディー、和音、機械リズムをを中心とした音楽構成ではありません。

 日本の楽器は根本的に音楽の成り立ちが異なるのです。

 
 三味線を西洋音楽風にアレンジし、ポップミュージックとしてつくり込むことは、
 ある程度他者を引きつけるのには有効な手段だと思います。

 それは三味線の認知を世に広める活動として貢献しています。

 しかし、ある程度取り組んでみると行き詰まる方が多いようです。

 そんな方の中には、試行錯誤を繰り返し、本来の日本音楽の表現に出会う方もいらっしゃるようです。

 日本音楽の奥深さに触れるには、音楽根元的な背景にあるものを知る必要があります。

 

2016.03.23(火)
 

「奏者のためのヒント集 (1)演奏以前に」
 
 あなたが誠実に自分を磨き続ける限りにおいて、
 各種情報やレポートの理解、ご自身の三味線の趣向もどんどん変わっていくことでしょう。

 そして、三味線演奏、練習習慣、自己表現においてつきまとう課題は、
 あなたの日常につきまとう課題を、そっくり反映したものだと認識するかもしれません。
  
 すべては同じところにつながっています。
  
 あなたは、練習し、演奏し、表現し、日常を過ごし、そして深まり、入り込みます。

  
 三味線の奥深さを伝えたい。

 そんな想いで日々活動をしている、小生の小さな取り組みの一端を始めたいと思います。






2016.03.22(火)
 

「三味線はなぜ今の三味線なのか2」

 400年前から今まで、基本設計はほとんど変化していないと考えられる。

 そのためなぜ三味線が今の形なのかに答えられる回答がない 変わったのは、
 三味線に使用される材料で 桑、松、桜、樫などの国内材を主に利用していたものを、
 よりよい音を求めて密度の高い花梨、紫檀、紅木などの外国の材料に頼るようになった。
 
 猫皮が主流だったが、犬皮が主流になったこと。
 初心者向けに合成皮が用いられるようになった。

 唯一付加的な機能は東さわりが追加されたことである。

 三味線の使われ方に応じて、三味線の太さ、太鼓の大きさが異なる。
 通常、三味線は便宜的に3種類に分類される。
 細棹三味線:長唄、小唄、端唄等
 中棹三味線:地歌、民謡等
 太棹三味線:義太夫、津軽三味線等

 しかし、厳密には流派、演奏種類、地域性に応じて、 棹の太さ、太鼓の大きさは厳密には異なり、
 実際には数10種類はある。

 現代では三味線の主な使われ方は以下4種類に集約される
 @語り物    : 義太夫、常磐津、清元、富本、新内 等
 A唄い物    : 長唄、地歌、荻江、小唄、端唄、民謡 等
 B曲の合奏   : 地歌(三味線、琴、尺八)、その他楽器との合奏 等
 C曲の演奏   : 津軽三味線、現代曲風(西洋化、ポップ化)三味線 等





2016.03.18(金)
 

「三味線の奥深さ1」

 西洋音楽やポップミュージックもそれでいいのだけれども、
 大半の三味線の音楽は非商業音楽であるにも関わらずなぜか三味線に惹かれる。

 私はこれは、奥深いことなのだと考えています。

 日本人が日本的な生命のリズムで生きようとしたとき、
 「自然」「魂」「心臓の鼓動」、身体化されている「タクト」、「拍」、「パルス」
 と言ったキーワードと音楽とともに日常を過ごすことは欠かせないのではと考えています。

 私は、
 人類の音楽遺産のほとんどは時計、 機械出現以前の
 生命のリズムに従って創造された産物だと認識しています。

 自然が生んだ周期性と、 あたかも生命があるかのように感じられる躍動感(リズム)。
 こうした周期性の中に生命リズムは潜んでいるのではないでしょうか。

 そして伝統の三味線の音楽は、生命の リズムに従って創造されてた芸術だと考えています。




2016.03.15(火)
 

「三味線はなぜ今の三味線なのか1」

 諸説はあるものの、
 三味線は、450年程前に琉球から大阪に伝わった三線(さんしん)を改良した楽器といれている。  1597年秀吉の命でつくられた「淀」(今の形の三味線)ができ、石村近江が最初につくったとされる。

 ここまでが通説で、
 個人的には先週ご紹介したモンゴルの「ジョダルカ」が源流の1つではないかと考えています。
 というよりも、ジョダルカを日本風にアレンジして今の形になっている。

 三味線は400年前から今まで、基本設計はほとんど変化していないと考えられる。

 そのためなぜ三味線が今の形なのかに答えられる回答がない。

 私はこの点に挑んでいます。
 「三味線はなぜ今の三味線なのか」

 いずれ正式な形でまとめ、皆様にご提供したいと考えていますが、
 このブログを通じて少しづつご提供していきたいと考えています。 

 今回は 東洋楽器と西洋楽器に求められることの違いです(これだけではありませんが)。

【東洋楽器】
 ・複雑さ、自然の雑音に近い部分も取り入れる。
 ・自由にピッチを変えることが許されるメロディ。
 ・和音やハーモニーへの重み付けが少ない。
 ・それに従うハーモニーは深いな衝突を避けるため、もっと単純。
 ・一人に好きなようにさせ、低空飛行で添え物的な動き。

【西洋楽器】
 ・整合性を持った美しさ
 ・和音、ハーモニーを多用。
  ・複数の音を同時に出せる楽器が開発された。
 ・全員揃って入念に構成された限られた種類の動きを求められる。



 

2016.03.08(月)
 

「ジョダルカ」
 モンゴルの民族楽器ジョダルカです。

 楽器のコンセプトがほとんど三味線です。

 棹は木が三枚重ねられています。

 三味線の源流は中国と言われていますが、
 三味線を追求する上では、これも見逃せない1つと思います。
  三味線 分解してみました
 



2016.02.29(月)
 

「分解してみました」
 ドッド・マクラレン氏の写真集を参考に三味線も分解してみました。

  三味線 分解してみました

 三味線の演奏に必要な最低限の部品は28部品でした。
 アコーディオン1456部品、キーボード178部品だそうです。
 他の楽器とは一桁も二桁も違いますね。

 いかにシンプルに三味線が構成されているか分かります。
 それでいて、この複雑な音を表現できている。
 数百年基本設計は変化していない。

 この三味線の設計思想に関しては 、
 レポートで記載しましたのでご覧ください。
 「レポートへ

 



2016.02.15 (月) 

「元禄港歌」
 当店の三味線をご利用いただけたため、関係者席をご用意いただけました。
 非常に良い体験をさせていただきました。

 三味線をご利用いただいた部分は瞽女さん達の役の部分でした。
 
 私どもの三味線を興味深い活用していただき本当に有難いことでした。

三味線 舞台
 


  
                                
2016.02.04 (木) 

「2枚三味線」

 かなり珍しい三味線に出会いました。
 100年ほど前の三味線。

 2枚三味線

  三味線の棹を2枚別の種類の材質で重ね合わせています。

  棹の表の面に紫檀(黒い部分)を裏を樫(全体の黄色い部分)にして組み合わせて作製しています。

  勘減りしたら交換できるよう設計してあります。

  良質な材を賢く使う智恵です。

  

2016.02.02 (火) 

「希少三味線 2月分」

 2月分終了しました。
 白紅木です。

  白い三味線


2016.02.01 (月) 

「今月の気になる言葉」

 『私達に訴えてくるのは、その腕より魂、技術より人である』  岡倉天心

  腕や技術は前提でしょうか。氏は『傑作は私たち自身』とも言っております。


2016.01.29 (金) 

「お知らせ」

 三味線選びの基礎2 上級者編を作成しました。

 「こちら」からご覧ください。

 会員様限定です。




2016.01.25 (月)
 

「今月の気になる言葉」

 『技術がリードする文明に、もう一度失われた叡智を注ぎ込み、
  私たちの心につつましさと謙虚さを取り戻し、
  人間と自然との、人間と人間との壊れかけた関係に、豊かな回復をもたらすのです』
                                     (中沢新一)

  私にとってその試みは日常であり、活動の場はこの小さな三味線店です。


 



2016.01.30 (土) 

「三味線の桐板」

 これも100年ほど前のモノです。
 手書きです。

 何もないシンプルな桐板も好きですが、
 描かれている桐板もまた興味深いです。

 三味線 桐

2016.01.19 (火)
 

「今月の気になる言葉」

 『凡夫たる工人たちからどうして成仏している品物が生まれてくるのか。

  そこには心と手との数限りない反復がある事が分かる。
  有難いことにこの繰り返しは才能の差異を消滅させる。
  下手でも下手でなくなる。

  この繰り返しで品物は浄土につれてゆかれる。
  この働きこそは、念々の念仏と同じ不思議を生む。
  なぜならこれで自己を離れ自己を超える。


  あるいは自己が、働きそのものに乗り移るといってもよい。
 
  自分であって自分でなくなる。

  この繰り返しの動作と、念々の称名とは、似ないようで大いに似たところがある。
  称名には「我」が入ってはなるまい。
  工人の働きにも「我」が残ってはならぬ。
  この「我」を去らしむるものは、多念である反復である。』
                                  (柳 宗悦)

  私も年に何回か「はたらき」を自分に感じることがあります。
  (「はたらきが通過する自分」を眺める自分を経験する表現した方がいいでしょうか)。
  本日も仕事、作業の繰り返し・繰り返し、反復・反復であります。



 



2016.01.15 (金) 

「お知らせ 希少 三味線のご提供」


 当店は、おそらく日本一の中古の在庫を保有していますが、
 その中でも、かなり珍しい三味線が年間数本仕入れることができます。
 少量ではありますがウェブ上でもご提供させていただきたいと考えています。

 今月は既に終了しました。
 ご了承ください。

 2月は「白い三味線 細棹」 を ご紹介したいと考えています。

 ご紹介のページは「こちら」をご覧ください。
 


                                   


2016.01.12 (火) 

「今月の気になる言葉」

 
 「わからないままに稽古を続けた。
  ありがたいことに、身体技法というのは稽古した分だけ何かが変わる。
  稽古は嘘をつかない。

  自分が何を稽古しているのか分からないままでも、稽古を続けていると、
  いつのまにか、
  「そんなことが自分にできるとは思ってもいなかったこと」 ができるようになる。

  それをしている自分に気づいたのは、稽古を始めて10年が過ぎた頃である」
                                   (内田樹)

 
  未だ知らぬ「それ」をしている自分に気づくために、
  各々のテーマに対して、日々の活動を大切に、コツコツと取り組むのだと考えています。


                                   
2016.01.11 (月)
 

「お知らせ 独学セット」

 三味線 独学セットが完成しました(進化中ですが)。
 
 作製には10年近くの経験が必要でしたが、
 これも私どもを支えていただいた多数の方々のご支援のおかげです。

 ほんとうにありがとうございました。

 現在の内容は「三味線相談室64話」、「三味線の奥深さ20話」、「入門動画4編」、
「三味線の技法の動画54編」です。

 当店で
 ・三味線をご購入の方、
 ・商品をご購入の方、
 ・レンタル三味線をご利用の方に
 ご利用いただけます。

 「 こちら」から概要をご覧になってください。

 以前購入いただけた方は別途メールでご連絡させていただきます。



2016.01.04 (月)
 

「2016年ご挨拶」

 本年もよろしくお願いします。三萃園はウェブ店舗9年目を迎えました。
 皆様に支えたいただきながら、今年も活動を続けます。
 本年もよろしくお願いします。

 二つお知らせがあります。
 @店舗改装
  1月は実店舗は改装中です。ご来店することは可能ですが、多少ご面倒をおかけします。
  2月初旬には完成予定です。
 
 A新商品のご案内
 二つの商品をウェブ上でもご提供したいと考えています。
 (昨年までは店舗のみのご提供でした)

 1つは「オーダメイド」です。
 私どもが知る限り日本No.1の職人に依頼します。数ヶ月〜半年程お待ちいただくことになります。

 もう1つは「希少中古品」のご提供です。
 当店は、おそらく日本一の中古の在庫を保有していますが、
 その中でも、かなり珍しい三味線が年間数本仕入れることができます。
 少量ではありますがウェブ上でもご提供させていただきたいと考えています。

 ご提供は一月中旬以降から開始予定です。


2015.12.28 (月) 

「ご紹介:舞台元禄港歌で採用いただけました」

 当店の三味線が舞台で採用されました。
 ご興味のある方は是非ご覧になってください。
三味線 舞台


2015.12.21 (月) 

「ご紹介:あさが来たに採用いただけました」

 「NHK 朝ドラ あさが来た」の収録に当店の三味線が採用されました。
 使用された三味線は、某有名人が使用したものです。しばらくは店舗にて展示しております。
 ご興味があれば、是非ご立寄ください。
 


2015.12.14 (月) 

「今月の気になる言葉」

 「本当に豊かな生活というのはそういうものではないだろうか。
  自分の体に合った道具で、自分の最高の技を発揮する。
  作り手も使い手のそういう生活をしてきたのである。」 
                               塩野米松 失われた手仕事の思想
  
  「本当に豊かな生活とは」「体に合う道具とは」という問いを胸に、
  三味線創り、販売に何ができるのかを考え、日々勤しんでいます。
  


                     戻る

 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
 
三萃園(さんすいえん)とは
三味線の知識
ホーム
ブログ
店主ご挨拶
三萃園の特徴
ニュース
店舗ご案内
三萃園の三味線
教材・レポート
概要
ネット店 在庫リスト
オーダメイド
三萃園製 三味線(セミオーダメイド)
ヴィンテージ三味線
新品三味線(セミオーダメイド)
新品同様三味線
修復済み中古三味線
お任せ良質中古三味線
ワケあり三味線
レンタル三味線
初心者 お試しセット

独自サービス
お問い合わせ
会員限定情報(こちらから登録できます)
独学サポート
イベント
出張販売
レンタルしてから購入
教材/稽古
お任せで購入する
・公開レポート「分解してみました」「100年前の三味線
お問い合わせ
Mail : info_s@shamisen.ne.jp
Tel&FAX:0566-91-7535(9-17時)電話受付は営業日のみ特徴
店舗   9-19時 不定休(土日も営業しています)
ネット店 9-17時 原則は日・祝日休み
三味線の相談
お支払い方法
メンテナンス
English

 
 
© Copyrigt since 2008 三味線のある生活 shamisen life
 
お問い合わせ トップページへ